このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ空き家対策> 小美玉市空き家バンクで「農地付き空き家」物件を募集します

小美玉市空き家バンクで「農地付き空き家」物件を募集します

小美玉市空き家バンク制度における「農地付き空き家」の取り扱いについて
 
農地の売買・貸借等の権利取得を行う場合、農地法第3条に基づく農業委員会の許可を受ける必要があります。
ただし、取得後において耕作すべき農地の合計面積が50アール(5,000m2)に達していないと、農業委員会の許可を受けることが原則としてできません。
そこで、小美玉市農業委員会では、空き家に附属する農地で一定の条件を満たしている場合は「別段の面積」を適用する制度を設け、農地の面積が1アール(100m2)に達していれば権利取得に係る農業委員会の許可を受けることが可能となりました。
なお、別段の面積の特例を受けるには、あらかじめ空き家と附属する農地を一体として小美玉市空き家バンクに物件登録申請を行う必要があります。
本制度と空き家バンク制度を活用して空き家と農地を一体として提供することにより、移住や新規就農を促進することを目的としています。
 
<空き家に附属する農地の権利取得の流れ>
 
1.現所有者等が「小美玉市空き家バンク物件登録申込書」の提出【環境課】
(詳しくは「小美玉市空き家バンク制度のご案内」のページをご覧ください。)

2.現所有者等が「空き家に附属する農地の指定申請書」の提出【農業委員会】
提出書類
・空き家に附属する農地の指定申請書doc様式第1号(doc 48 KB)
・登記事項証明書の写し
・付近の状況図
・公図の写し
・小美玉市空き家バンク物件登録申込書の写し(環境課の受付印を押印したもの)
指定の条件
以下の(1)~(6)の全てを満たしている必要があります。
(1) 申請農地の全部又は一部が遊休農地であること。
(2) 申請農地が耕作可能なものであること。
(3) 現所有者等による維持管理や耕作が行われていないこと。
(4) 空き家と附属する農地の所有者が同一であること。
(5) 新たに農地の権利を取得しようとする方が当該空き家に居住し、附属する農地を耕作すること。
(6) 空き家と附属する農地の取得に係る権利設定を同一とすること。
※ 上記のほか、適用除外要件があります。詳しくはpdf小美玉市空き家に附属する農地の別段の面積取扱規定(pdf 131 KB)をご確認願います。

3.農業委員会による審査、総会における議決【農業委員会】

4.申請農地を空き家に附属する農地として指定する旨の告示【農業委員会】
※ この告示により、指定農地に限り、別段の面積(1アール)が適用されます。

5.農地付き空き家物件として空き家バンクに登録・公開【環境課】

6.空き家バンクに登録された農地付き空き家物件の購入等希望者が「小美玉市空き家バンク利用登録申込書」を提出【環境課】

7.空き家バンクにより決定した媒介業者の仲介により、農地付き空き家の現所有者等と、購入等希望者との交渉・契約

8.当事者が農業委員会に農地についての権利設定の申請【農業委員会】
※ 農地法第3条の申請手続き
提出書類
・農地法第3条の申請に必要な書類(詳しくは、農業委員会事務局にお問い合わせください)
・小美玉市空き家バンク物件登録通知書の写し
・小美玉市空き家バンク利用登録通知書の写し
・農地についての権利取得の意志が確認できるもの(売買契約書の写し等)
・空き家に居住することの確約書docx様式第2号(docx 18 KB)

9.農業委員会による審査、総会における議決・許可【農業委員会】

10.当事者による不動産登記手続き(売買の場合)
 
 
注意事項
市では、農地付き空き家の交渉や、売買・賃貸借等の契約については直接関与しません。当事者及び媒介業者間で解決してください。
 
 
お問い合わせ先
1.農地の権利移動に関すること
小美玉市農業委員会事務局 TEL 0299-48-1111 内線1502・1503
 
2.空き家バンクに関すること
小美玉市市民生活部環境課空家対策係 TEL 0299-48-1111 内線1146
 

掲載日 令和2年9月7日 更新日 令和2年9月14日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 環境課
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1140〜1142 1144~1146
FAX:
0299-48-1199
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • 小美玉市空き家バンクで「農地付き空き家」物件を募集します